KAMOME GOYOMI 忍者ブログ
かもめごよみ
Admin / Write
ランチの後、知恩院→円山公園→八坂神社と進んできた私たち。
この後は夕暮れ~夜にかけて夜の祇園界隈を楽しむわけですが、、、
まずは宿泊した宿について書いておきましょう。


 
今回宿泊に選んでみたのは、昨年オープンしたばかりの『京都グランベルホテル』。
祇園四条駅からすぐという立地。
先日火災があった料亭からも非常に近い場所です。

京都でまわりたいエリアが絞れていたので、
祇園四条周辺のホテルをかなり探しました。

暗闇を歩くことなくホテルにたどり着けること、
女性一人でもセキュリティーがしっかりしていること、
建築的にもオシャレで朝ごはんが美味しそうなこと。

そんな条件を満たしてくれたのがこのホテルでした。





町家風の外観とは裏腹に、ロビーはビンテージ感のあるインテリア。





 
  
 

ルームキーは花札の柄になっていました!
おっしゃれ~☆
外国人じゃなくとも、花札好きとしてはちょっとテンションが上がります!
だって20点の札ですよ!!(笑)

それはさておき、、、
予約した部屋は『ジャパニーズなんちゃら?ダブルルーム』。
床の一部は畳の仕様になっていて、裸足で過ごせるのがとても快適☆

お部屋は17平米あったので、この界隈のひとり部屋としては
ややゆったり目のつくりじゃないかしら?





部屋には程よく広さのあるバス・トイレもあるのですが、
この規模のホテルにしては珍しく大浴場もありました。

地下にある大浴場。

 
画像は公式ページよりお借りしました。

オシャレすぎて扉を開けた瞬間笑ってしまったほどです(笑)

しかもこのホテル、白人系の外国人のお客さんがとても多くて
お風呂に入った時も日本人は私だけだったんじゃないかしら・・・。

自分の裸をさらすのも躊躇するような雰囲気で(^^;)
どちらが外国に来ているかわからないアウェー感。

間接光がムーディーな浴槽には美女たちがすらりとした足を延ばし、
アゴまでお湯に浸かっていましたが、
普段ぬる湯ばかりに使っている私には熱くて熱くて半身浴が精一杯(笑)

どっちが日本人なのか(笑)

のぼせないうちに早々に引き揚げた私ですが、
客室に戻る際のエレベーター前でも素敵な雰囲気の白人系の男女に遭遇。
ニッコリ微笑まれたのでニッコリ返しておきました(^^)

京都にガッツリいそうなアジア系の外国人にはほぼ遭遇しないホテルって、
どういうことだ!?と思いながら、夜を過ごした私です。

ついでに朝ごはんのことも書いておきましょう。
朝食は1階レストランでの『おばんざいビュッフェ』。





まさに京のおばんざいメニューがずらっと並んでいて、
 たけのこメニューが多かったのもこの時期ならでは☆

私のお気に入りは湯葉のお味噌汁!白いご飯にお漬物!
白味噌のお味噌汁って美味しいですねー。
湯葉との組み合わせも好きです。
 
どのおばんざいも美味しくて、ごはんがすすんじゃいました(^^)
 


抹茶わらびもちも食べ放題ですから、ついつい食べ過ぎてしまうというもの。

滋賀県産のお米も美味しかったし、おばんざい以外にも洋食メニューも充実の内容で、
かなり満足度の高い朝ごはんでした!
 
そんなことで宿のことをあれこれ書きましたが、
私たちは祇園に戻った4時ごろから、夜に向けてのウォーミングアップをはじめていました。

ホテルのすぐ隣にある女性バーテンダーのお店『バーフクロウ』さんに入店。
『明るい時間から』の一杯をオーダー(笑) ふふふ☆



・・・その3につづく。

PR

   
お休みをもらって、1泊2日の京都ひとり旅を楽しんできました。

私がかつて働いていたハウスメーカーで部署のボスをしていた『Nさん』に
会いに行くためでもありまして(^^)

彼女は震災後に福島から京都へ移住していたのですが、
久しぶりに連絡を取り合い、とんとんと京都行きの話が進んでいったわけです。

一緒に働いていた期間はたった3年なのに、
濃い~3年間を過ごしていたからなんでしょうか。
私にとっては師匠であり、家族のような存在でもあるNさん。

15年ぶりに顔を合わせた私たちでしたが、そのブランクは全く感じないほど。
京都の町を散策しながらたくさんのおしゃべりをしてきました☆

まずはその足取りを~☆
 
三ヶ日からは京都直行の高速バスで行くのが便利で、料金も往復5000円ちょい。
3時間ほどで京都深草バス停に到着。

待ち合わせの蹴上駅へは電車で向かいます。
京阪本線藤森駅から電車に乗り、三条駅で乗り換え。

改札を出たら懐かしい笑顔がお出迎えしてくれました!
お互いに『全然変わらないじゃん~』なんて言いながら
すぐにお土産を交換し合い(笑)楽しい散策がスタート☆
 
蹴上駅から歩いて、一番初めに向かったのが南禅寺。
今京都は青もみじ真っ盛り☆

 



さらさらと揺れる青もみじが、
三門の力強い景色の中に涼やかさを与えてくれます。

 
 
大きさにも圧倒される三門ですが、のぼることもできまして・・・
ここからの景色はまさに絶景☆京都の町が一望~~☆

新緑の美しい景色と心地よい風。京都はゆったりとした時間が流れているんですね~。



その後、南禅寺の奥のほうにある水路閣へ。
赤レンガのアーチになった建造物。これは琵琶湖疏水の水道橋です。
最近は撮影スポットとしても人気のようで、若い方がたくさん来ていました。

そして第1回目のおしゃべりタイム!!
関西初上陸のブルーボトルコーヒーで。



京町家をリノベーションした建物は、よく見ないと見逃しそうなほど。
 二年坂のスタバと同様、街並みにしっくり馴染んでる!





1杯1杯目の前で入れてくれるコーヒー。
外の席でくつろぎながらの談話タイムとなりました(^^)



今のこと、昔のこと、あれこれ話が弾みます。
彼女は59歳なのですが、今も昔もずっ~~と変わらずアクティブでパワフル!
話を聞いていると、自分も何かにチャレンジできるんじゃないかって思ってしまうほど(^^)

おしゃべりしていたら昼の時間をとうに過ぎてしまっていたけれど、
美味しいコーヒーと楽しいおしゃべりですっかり満たされてしまって。
再び散策に繰り出したのは2時近くだったかな?(^^;)



南禅寺から平安神宮方面へと、動物園や美術館がある岡崎エリアをぐるっと歩き、
行き当たりばったりで入ったローカルなカフェで遅めのランチタイムとなりました。

京都で食べてみたかったもののひとつが『ふわふわな焼きたまごサンド』☆
『綴(つづれ)』さんというカフェでしたが、人気のメニューのようです。

 

パンはカリっ、たまごはふわっ、なシアワセな組み合わせ。
美味しくいただきました♪

『明るい時間から飲むぞ!』と盛り上がっていたので(笑)
遅めのランチはこれくらい軽めのものがちょうどよかったのです。

・・・その2へつづく。


多忙だった春休み。
新学期を迎えて行事に追われた4月。

GWがようやくホッと一息つけるタイミングですね。
新緑まぶしい初夏は、やっぱり海方面に行きたい私(^^)
新緑なのになぜ山じゃないのか(笑)

以前記事にもしましたが、映画『嘘を愛する女』で観た『灯台』の景色が印象的で、
ロケ地とはいかなくても、どこか灯台のある場所に行きたいな~と思っていて。
今回行ってみたのが御前崎灯台。

三ヶ日からは高速使えば1時間ちょいでしょうか。

御前崎の魚港には市場もあり、海鮮系のお店に人が群がるのを横目で見ながら
我が家は真っ直ぐ灯台へと進みました。

灯台の真下にあるカフェ(^^)

 

今回はこのカフェも目的のひとつだったので
灯台にのぼる前にちょっと小腹を満たしていこうと入りました。

『パシフィックカフェ』は海が一望できるハワイアン・カフェ。



小腹を満たすぐらいのつもりが、『バーガーを食べてみたい』と夫がオーダーした
パシフィックバーガー☆

トマト、オニオン、ジューシーなパテ、ベーコン、レタス、パイナップルが
ボリューミーに重なり、想像以上の食べ応え!!



ムスメはおしゃれなジャーに入ったメロンソーダ。



そして、、、運ばれてくる段階でまわりのお客さんからの視線が恥ずかしくなった
パフェ☆(^^)

どど~~ん。

 

わ~~お☆
高さが25センチはあったかなぁ(^^;)
やっちまったかな!?と心配になるほどのボリューム!!

しかしながら、ラズベリーソースは美味しいし、
アイスもコクのあるバニラとストロベリーのさっぱり系ジェラート、
香ばしいグラノーラとの相性もバッチリで
3人で食べたらあっという間でした~。

大きなマグで出してくれるホットコーヒーを片手に
ぐいぐい食べ進んじゃいました。
甘すぎないのが良かった!!

お食事メニューもカフェ未ニューも全体的にボリュームがあるので
食いしん坊も大満足なカフェじゃないでしょうか。

食後は灯台への階段に挑みます!

風速7~9メートルはあったであろうこの日。
雲一つない天気なのに、風の影響で波が荒く、
ちょっとにごり気味だったのが残念(^^;)



海を眺めながら、上まで階段をのぼっていきます。

灯台の足もと。
真っ白できれいですね~。



このあと中の階段をのぼって上に行くわけですが、、、
降りてくる人々が皆一様にスーパーサイヤ人な髪型に(笑)

そして、『いや~、上はすごかった!』と口々に。

私たちものぼってみて、その言葉の意味を理解しました。

地上でも吹き荒れている風。上空はさらにその上を行く暴風(笑)
カメラも飛ばされるんじゃないかってくらいの勢いでしたから
手すりにしがみついていないと怖いくらいでした(^^;)

よって写真は一枚のみ。



夫もロックなヘアスタイルに(笑)

強風で階段を下りるのも一苦労。
服は下からすべて舞い上げられるので、おばさんたちのテロテロ系のブラウスも
若い女の子のスカートも、そりゃもう目のやり場に困る感じです(^^;)

私のガウチョもポワンポワンに膨らんで風船みたいになっていたんで、
角度によっては何かが見えてしまっていたかもな。
目の毒でごめんなさい~。あはは。

降りてきた後は潮風を受けてゴワゴワになった髪の毛を直しつつ、
灯台の下には磯遊びもできる浜があるんで、
用意してきた磯遊びセットを片手にムスメは無我夢中で遊びます。

そんなこんなで浜でしばらく遊んだあとは遊具のある公園にも移動して、
じっくりと娘の遊びに付き合った一日となりました。

今日はGW最終日。
遊びの疲れを癒して、ゆっくり過ごそうかと思います♪


土曜日の夕方といえば、
我が家は『青空レストラン』を観るのが定番なんですが、、、

今日は地元浜松が出ているじゃないですか!!
しかも『トリイソース』!

昼間CMを見た時にムスメと声をそろえて『あ~~!!』っと言ってしまいました。
ちなみに、このソース、我が家では食したことはございません(笑)

なぜ驚きの声を上げたかといえば
ずばりコレです!
↓ ↓ ↓

 

去年の夏休みの絵画コンクールに『直虎と浜名湖の風景』という
地元主催のものがあったのですが、
うちのムスメの絵が優秀作品の中に選ばれまして(^^)

直虎にハマった私としてはこの上なく嬉しい受賞でした(笑)
賞によって商品は様々でしたが、うちの子はこんなものを頂きました。



にゃんけいさんのうちわ、結構レアです(笑)

受賞作品は地元企業とのコラボによりお菓子のパッケージになるという
楽しい企画があったので応募したんですけどね。

今回青空レストランで紹介された『トリイソース』を使った
おせんべいのパッケージになっていたんです。

トリイソースってこんなに素晴らしいソースだったんだ☆とびっくりしまして。
店頭に並んでいるところを見たことがなかったので存在すら知らなかったんですが、
販売されている場所は限られているのかしら!?

これは買いに走らないといけませんね(^^;)
人気急上昇ワードにもランクインしていたので、
明日は売切れ続出かもしれないですね(笑)

このおせんべいも気が付いたら販売が終わっていて、
食べれたのはひと袋だけでした(涙)

実家にも送りたかったのに。。。
もっとたくさん買っておくんだった~。

ひとまず、次の帰省土産は『トリイソース』で決まりですな!


今年も無事確定申告が終わりまして、
少しばかりホッとできる時間を過ごしています。

昨日は震災の日。
もう7年になるのかぁと、テレビの映像を見ながら考えていました。
 
防災への備えや意識も少しずつ薄くなってきた頃だったので、震災後に設置した家具を固定する耐震グッズもぼちぼち劣化する時期なんじゃないかなと
急に不安になったりしています。

東南海だっていつ起こるかわからない。
備えなきゃ、備えなきゃ。。。


先月だったかな?映画を観てきたんです。

『嘘を愛する女』。
まさに『震災の日の東京』からストーリーが始まるのですけど。
 


私としては8割方『高橋一生』見たさに行ったのですが(笑)
何の情報も入れず、先入観も待たずに観た感想としては、想像よりもずっとずっと心に残る映画でした。

震災をきっかけに知り合った二人がパートナーとして暮らしはじめ、
ある日、一生さん演じる男性がくも膜下出血で倒れ、病院に搬送されところから展開していきます。

2人は同棲こそしているけれど結婚には至っていない男女。
男性が所持していた身分証明が偽造されたものであり、この人はいったい誰なのかというサスペンス要素が軸になるわけなんですが。

ネタバレするので映画の内容はあまり書けませんが、
個人的には、、、おそらく既婚者のほうがよりリアリティを感じるのでは、、と思いました。

ストーリーが進むほどにわかってくる、この男性の過去がとても切ない。。。
男の人のほうがゾクッとするんじゃないかな。

夫婦のあり方というものを考えさせられるシーンもいろいろありまして。。。
家族の声にもっと耳を傾けよう、大切にしていこうって、じわじわと思えてくる映画でした。

さらには、、、『もし自分が突然倒れたら』とか『家族を残して急死したら』とか
そんなことも頭の中をぐるぐると巡りました。

保険やお金のこと、ムスメやムスメの学校、習い事、
確定申告に行政の手続き、大事なものがしまってある場所など、
たぶん私しか把握していないことが多すぎて、、、
突然いなくなったら大変なことになるなーと。

夫さん、
 地震の備えに加えて、こういうこともちゃんとしていこう!


あんまり心にじわじわ来たものだから、原作の小説を買っちゃいました(笑)

映画では描ききれなかった心情など、一生さんの顔を思い浮かべながら読むと、
またいっそう切なさがこみ上げてきます。
しかし、メガネ男子姿はなかなかいいものです(笑)
 
どの人もイメージ通りでなかなか素晴らしいキャスティング。
評価は分かれてるようですが、私は好きな映画でした(^^)


1  2  3  4  5  6  7 
プロフィール
HN:
かもめ
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1975/11/12
趣味:
写真 海 手づくり
自己紹介:
浜松市北区在住。
小さな平屋で
子育てを楽しんでいます。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/08 ルイヴィトン 財布韓国コピー]
[05/28 かもめ]
[05/26 ちゃー]
[04/25 かもめ]
[04/20 monami]
[03/24 かもめ]
[03/20 ちゃー]
[03/01 かもめ]
[02/28 ちゃー]
[12/12 かもめ]
カウンター
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]