KAMOME GOYOMI 忍者ブログ
かもめごよみ
Admin / Write
毎年大河ドラマを見ているわけではない私ですが、
今年は地元が舞台になっているだけあって『直虎』にドハマり中。

ファンの間でも神回と呼ばれた33回。
小野但馬が処刑された回でしたが、、、時間が経てば経つほど
『政次ロス』の症状が出てくるというものです(><)

小野但馬の終焉の地とされている井伊家の仕置き場『蟹淵(がにぶち)』。
地図で見るとほんとに小さな川のほとり。

そしてその蟹淵の近くには政次の供養塔があったり、
普段良く通る道沿いに『堀川城跡』が存在することも
このドラマで初めて知ることになりました!

遠州や三河と呼ばれるこの辺りは、そこらじゅうに城跡や古戦場跡が存在するので
かつての武将と呼ばれた人々がこの辺りを行き交い、果てて行ったのだと思うと
不思議な気分になります。

蟹淵や供養塔へは、もう少し気持ちが落ち着いてから出向いてみようと思っていますが(笑)
この『ロス』な気分をどうにかさせたくて、お友達を誘って
ドラマ人気で賑わっている気賀&井伊谷方面へ少しお出かけをしてきました(^^;)



こちらは気賀の関所。
ここはドラマにも登場している『近藤家』が代々管理をしていたという関所。
『政次ロス』な私は『近藤家め!』な気分になっていますが(笑)

それはさておき、、、
ムスメたちは今夏の『浴衣おさめ』な感じで浴衣を着せて行きました。
お友達と『井伊家の赤旗』を握っています(^^)



土日の10時と12時に登場する家康くんと直虎ちゃんとの写真も撮れて
一日のよいスタートに☆
 
衣装体験ができるお店は以前にも訪れましたが、
この日はお抹茶を頂いてみました。





苦かったかな?美味しかったかな?(^^)

関所の中は飲食を販売するお店もあり、お土産も充実しているので
遊びに行きがてら軽く食べたりもできるのですが、、、
この日は『ヤタロー』のあんぱん、そして『いなさコーヒー』を発見。

あんぱんは人気らしく、早い時間に行かないと買えないそうで。。。

昭和の『刑事』みたいな組み合わせで、お友達のHちゃんと大笑いでしたが
これに唐揚げなどの軽食を組み合わせて早めの昼食に。



関所でちょっぴり撮影を楽しんだ後、井伊谷にある龍潭寺(りょうたんじ)へ。
案の定、大人気の龍潭寺の駐車場は満車だったため、
すぐ隣にある井伊谷宮の駐車場に停めまして(こちらはがらがら~)、
井伊谷宮をお参りしてから龍潭寺へとつながる裏道へ。

 

井伊谷宮の裏から龍潭寺へ向かうと、井伊家の墓所の前を通ることになります。
写真には撮らなかったですけどね。直虎と直親が並んでいましたよ(^^)



広いお庭をムスメたちは駆け抜けて。
時折見かける蝉の死骸が夏の終わりを感じさせてくれます(笑)

 

ドラマ人気で今年は大賑わいの龍潭寺。
直虎もこの寺で過ごしていたんですね~。

暑くなってきた午後は、浴衣から洋服へとチェンジして、もう1か所寄ることに。
奥山方広寺に行く途中にある鍾乳洞『竜ヶ岩洞』。



この辺りの山にはいくつかこういった洞窟や鍾乳洞があるようですね。
家康軍に追われた政次が身を隠していた場所もこういう洞窟だったとか。
しかし近藤の家来に見つけられ、処刑に至ったという流れがあるようです(TT)

鍾乳洞の中はひんやり!
竜ヶ岩洞はどこかB級感の漂う雰囲気でしたが(笑)
娘たちも探検気分で楽しそうでした♪



しか~し、、、
やっぱりきちんと『小野但馬 終焉の地』に行かないとこのロスな気分は
晴れないのでしょうか。。。 ←どんだけハマっているんだか(^^;)

あぁ~、但馬~~。というか一生~~(笑)

『直虎ゆかりの地』はまだまだたくさんあるようなんで、
じっくり巡りながら、『直虎』のドラマを最後まで楽しもうと思います(^^)

PR


娘の夏休みも残すところあと1週間。
小学生になって初めての夏休みの宿題はどんなボリュームかな~?とドキドキでしたが
1年生はかなり少ないですね(^^)

児童クラブに行っている日は、そこで宿題をやってきてくれるので
夏休みが始まって数日でドリルは終了。

わずかに帰省した実家で習字を書かせ、お盆中は絵画をすすめたので、
かなり順調に終えることができました。あ~ホッとした~~。

とくに習字は何十年ぶりに筆を持った私のほうが楽しくなってしまって(笑)
水で書く練習シートを独占してムスメにぶーぶー言われるほどでした(^^;)
習字楽しいなぁ~☆

筆先整えて~!とか元気よく~!とかなりスパルタな先生になっていたため
娘にはだいぶ煙たがられましたが、
初めてにしてはのびのびと元気な字を書いていたんじゃないかな☆

今年の夏は、子供会の行事や雨続きで、プールや海に行く回数が
めちゃくちゃ少なかったから真っ黒には日焼けしていないムスメだけれど、
秋の七五三も控えているからまぁいいでしょう(^^;)
 
そんな夏休みの思い出あれこれ。


浴衣でお出かけしたお祭りいろいろ
浴衣でばっちりキメテ♡



西幡豆での海水浴
お父さんと砂の亀をつくったよ☆



福島への帰省&両親との那須旅行
こちらの記事はまた後日アップします(^^)



南知多ビーチランド&ぶどう狩りバスツアー
幼稚園時代の仲間と楽しんだ『距離感ゼロ』のイルカ&アシカショー


庭の芝生(笑)
雨の多さのおかげで異常に生育が良かった芝生☆


と、本当にざっくりですが、写真による思い出あれこれ。
残りわずかな夏休み。最後まで楽しむぞ~!!
山の中で迎えた朝。
慣れない寝床ですこし背中が痛かったですが、
テントで寝ることを考えたら布団があるだけ十分です。

いや、最近はキャンプ用ベッドのほうが寝心地いいのかな(笑)

ロフトの窓からはこんな風に木々に囲まれた景色が~~♪
イエ~イ(^^)



 

天気もいいので、朝ごはんは外のテーブルで 。
テーブルクロスをかけて、ごはんを並べて(^^)
これだけでテンションあがる~~。

山盛りサラダにソーセージ、パンにチルドのポタージュ。
昨日同様、ほぼ調理いらずの手抜きメニュー(笑)





人気だというツルヤオリジナルのリンゴバターも。
これ、焼き立てパンにつけるとアップルパイみたいでおいしいんです!

 

ケビンに常備されている保温ポットにお湯だけ入れて持ち出し、
コーヒーも淹れてみました☆ドリップパックですが。





あ~~外で食べるのって楽しい☆

チェックアウトの10時まで、のんびりと朝ごはんを楽しみました。

ケビンは季節によって料金が変わるけれど、
私たちが行った時は1棟あたり13400円☆
5人まで泊まれるから大人数で行くのも楽しそう♪

冷蔵庫や調理器具もひと通り置いてあるので、
食材を持ち込めば結構過ごせると思います。

温泉施設にレストランがあったり、手ぶらBBQができるサイトもあるので、
季節によっていろいろな使い方が出来そうですね。

欲を言えば、湿度の高い夏のケビンはこもった匂いがあるので
ファブリーズかお香があると完璧かも。
うちはその手のものがなくて蚊取り線香の香りでごまかしちゃったけどね(^^;)

さて、チェックアウト後はというと、
『ヒントを頼りにキャンプ場内を巡り、答えを導き出そう!』
という謎解きゲームにチャレンジ☆

↓ 白樺の丘で地図を広げているところ。



小学生だとこういうゲーム、ドストライクですもんね。
アップダウンのある道を歩きながらポイントを見つけ、約1時間ほどかけてゴール。
親はへとへとです(^^;)

ゴールの記念に駒ヶ岳ロープウェーのボールペンをもらいました(笑)

いろいろ楽しめた家族旅行村♪
次に来るならBBQもいいかな(^^)

 

2日目は全くのノープランだったので、
駒ヶ岳のロープウェーかブルーベリー狩りかをしばし悩みましたが、
ムスメが『ブルーベリー狩り♪』と盛り上がっていたので、
チラシが置いてあったブルーベリー農園に電話予約を入れて直行。



時間制限なしで大人1人1000円と驚きの安さでしたが、
う~ん、若干時期が早かったのかも(^^;)

熟したものは前日来たお客さんたちにだいぶ食べつくされてしまっていたこともあり、
ブルーベリー狩りという割に実際に口にいれた量はそんなに多くなかったかな。。。

 

しかし、帰りに農園の方がたっぷりのブルーベリーを2パックもくれたので
いいお土産になりました~。

長野らしい山の景色。
やっぱり標高が違います。

 

そしてやっぱり最後に、ざるそばと駒ヶ根名物のソースかつ丼を食べ、帰路へ。

帰りは高速?と思いきや、、、

道を間違えずにすんなり行ったら、どれくらいで到着できるか?
という検証をしたいという夫(笑)

渋々OKをだし、帰りは帰りで行きと違うルートをたどりましたが・・・。

やっぱり私には拷問的な山道。
この崖から落ちたら1週間は発見されないよね、って感じの怖い山道。

すごい道ばかり通ったおかげで、最終的には『この道をつくった人、すごいな』と
感動を覚えるほど。

確かに帰りは3時間を切る早さで浜松に到着したんで、
ルートさえ間違えなければ高速と大きく変わらないのかもしれません。
ただし、慣れと心の準備が必要です(^^;)

ドキドキした夏のお出かけ。
さぁ~これからは夏本番だ!!
梅雨明けしましたね~☆

毎年この時期は『海かプール』と相場が決まっているわが家ですが、
植物男子な夫が『たまには山に行きたい』と言い出したこともあり、
夏のお出かけ第一弾は山のきれいな長野・駒ヶ根へ。

三ヶ日からだと愛知・岐阜を経由していく高速オンリーのルートか、
下道で飯田まで行き、そこから高速を使うルート。

グーグルマップで到着時刻を調べた感じでは10分程度の差しかなかったので、
じゃ、下道でいいじゃん!とけっこう軽い気持ちで選んだんですけど、、、

東栄町以北はとんでもない山道で、、、完全に後悔。
長野の山道をなめていました~(><)
 
行けども行けども人けのない細~い道だったり、とにかくカーブの道が続いて
運転手でさえも車酔い。

三ヶ日だってかなりの田舎ですが、通過した村々は秘境レベルと言ったらよいのでしょうか。
(住人の方ごめんなさ~い)
山が深すぎて怖くなったのは正直初めての経験。

ナビを使っていったのに、途中で道を間違えたことに気づき引き返す場面も。
山道が終わり太い国道に出た時には涙が出そうでした~~(笑)

駒ヶ根ICの手前にある駒ヶ岳SAに到着したのは
予定より1時間オーバーのお昼を過ぎた頃。

以前ここのSAで食べたおそばが美味しかったなーという記憶があり、、、
今回もざるそばを食べに立ち寄りました(^^)

そう、夏のこの時期、フルーツ天国の長野はブルーベリーの季節。
濃厚なスムージーも味わっておきましたよ☆



さて、我が家が今回向かったのは、『駒ヶ根高原アルプスの丘 家族旅行村』。
名前が長いですが(笑)キャンプ場です。

ウチの場合『ガチなキャンプ』ではなく、テントすら張らない限りなくゆる~いキャンプで、
家電・エアコン付きのケビンに泊まります(^^;)
山に泊まるのが目的でしたからね(と言い訳)。

まずは食材の買い出しってことで、地元系スーパーのツルヤさんへ。
そう!軽井沢にもあるあのツルヤです!駒ヶ根にもあるんですね~。
ここでいろいろ買い込んでから、家族旅行村へと向かいました。



宿泊するケビンはこんな感じ☆
ザ・山小屋な建物ですね~。

ナビが新しいという理由で私の小さな車で行ったのですが、
ケビンと並ぶとサイズ感がおもちゃっぽくてかわいいったら(笑)





山の中ってすがすがしい~!

それだけでも十分なロケーションですが、 ケビンの中はというと、
 外観同様に木質感あふれる内装。ロフトの付いた吹き抜け空間になっています。

学生時代の友人宅を思い出すような間取りで、懐かしさにつつまれました(^^)

室内は座卓だけが置いてある感じなので
持ってきたアウトドアチェアやテーブルクロスで、お部屋を少々居心地良く改造(笑)





 
 
夜はここで寝ることになります。
写真は撮らなかったけれど、お風呂・トイレ・キッチンもケビンにはついています。



ツルヤで購入したリンゴジュースでしばし休憩。
その後キャンプ場内を散策開始~~☆

わさわさと自生する木々を眺めては写真を撮ったりしていた夫。

 

一方で小さな遊具やパターゴルフ場、ざぶざぶ入れる小川もありまして、、、



 

中でもウチの子が気に入っていたのは自転車サーキット。





 

寝ながら運転できるものや、ばねを踏み込んで進むものなど、
変わった構造の自転車がいろいろありましてね(^^)
すぐ隣には山道をゴーカートで走れるコースもありましたよ。

終了時間ぎりぎりまで遊んだので、ぼちぼち夕食作りの時間だったのですが
蒸し暑い日だったこともあり、先に入浴することに。



キャンプ場内にある『露天・こぶしの湯』。
名前の通り岩風呂・檜風呂の露天風呂があるのですが、
家族旅行村利用者は割引があるので、ケビンのお風呂ではなくこちらを利用しちゃいました☆

汗を流してさっぱり~(^^)
ケビンに戻って作ったこの日の晩ごはんは、、、

ツルヤオリジナルのビーフカレーを炊飯器で炊いた十穀米にかけまして、
カット野菜にオクラやインゲン、トマトを足したシーザーサラダというメニュー。

キャンプ感ゼロすぎ~~(笑)あはは。

いいんですよ。
自然の中ではゴミや水の使用を最小限にすることも大事ですから(笑)



当然ながらテレビはないケビンなので、夕食後は家族で花札大会!
トランプやオセロでもなく、花札(笑)

1年生のムスメは私の実家で覚えてきたのですが、結構たのしいんですよ(^^)

こんな感じで山の中での一日目が終了。

不思議だったんですが、蚊がいなかったんですよね。
カマドウマは部屋の中にいましたが(笑)
キンチョ―リキッドを持っていったけれど、そんなに必要なかったみたい。。。


2日目へつづく。



比羅夫駅から小樽までは約2時間で到着。
レンタカーを返却し、そのまま小樽駅から千歳へと移動しながら、札幌で途中下車。

北海道での最後のランチを食べようと『スープカレー』屋さんへ♪
ほろほろに煮込まれた骨付きの鶏肉、ごろごろ野菜。
とても暑い日だったので、スパイシーなスープカレーに元気をもらいました☆

 

せっかくだからと、時計台→大通公園→道庁と散策。



 

道産子さんも暑い中頑張っていました ↓ ホントに脚が太い!!



札幌駅周辺をぐるっと一周して、いざ新千歳空港へ。
いよいよ旅も終わりが近づいています。

空港ではお土産を選び、最後のソフトクリームを買い求めた私たち。
ラストスイーツは雪印パーラーのソフトクリームにしてみましたが、、、
断然プロントのソフトクリームが美味しかったです(^^;)

ソフトクリームに関しては、プロント > ミルク工房 > 雪印パーラーかな。
個人的な感想ですが~。

16時の飛行機に乗り込み、中部国際空港へ。
帰路はみんなぐっすり。楽しい旅だったね~。

定刻通りセントレアに到着。



あ~あ、ついに日常に戻っちゃったな~~と、ちょっと寂しい感情を抱いた主婦4人。
非日常の時間はこれにて終了。

ドラマチックすぎる夕暮れが心にしみます(笑)

たくさん買ったお土産、家族は喜んでくれるかなーと私たちは期待していたわけですが、
旅行後の出勤日、家族の反応を報告し合いました。

Sさん宅では娘さんに『お土産少ない』と文句を言われ、Mさん宅では『数が足りなくて自分の口に入らなかった!』、北海道出身のKさん宅は『まぁ~特に』といった具合(笑)
 
それよりも『ゴミ出しが~』とか、『旅行前に脱いであった服がそのまんまで~』とか
 留守の間の家族の様子に不満がいろいろあるようで(^^;)

我が家はというと、、、掃除は夫、洗濯はおばあちゃんがやってくれていたようで大助かり☆
ムスメに買ってきたシロクマのコロルくんの巾着やご当地『すみっこぐらし』のグッズは気に入ってくれた様子だし、『おかあさんがいると安心する~』って。かわいいやつです♪

主婦が留守にするってなかなか大変なことだけど、たまにはこういう時間もなくっちゃねぇ。
まぁ、日常も日常で楽しいもんだけどね☆


ということで、、これにて北海道旅行記は終わり~(^^)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
プロフィール
HN:
かもめ
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1975/11/12
趣味:
写真 海 手づくり
自己紹介:
浜松市北区在住。
小さな平屋で
子育てを楽しんでいます。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/08 ルイヴィトン 財布韓国コピー]
[05/28 かもめ]
[05/26 ちゃー]
[04/25 かもめ]
[04/20 monami]
[03/24 かもめ]
[03/20 ちゃー]
[03/01 かもめ]
[02/28 ちゃー]
[12/12 かもめ]
カウンター
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]