KAMOME GOYOMI 旅 忍者ブログ
かもめごよみ
Admin / Write


週末、京都へ行ってきました。

お正月に行く予定だったバスツアーが大雪で中止になってしまったので、
 日程を変更してやっと行くことができました。

このツアー、なんといっても大本命だったのが伏見稲荷。
実は2年前にもほぼ同じ内容のツアーに行っているのですが、
お正月のど真ん中に行ってしまったがために、初詣の参拝だけで精一杯。

当時はムスメも2歳だったので抱っこをせがまれるし、
たくさんの初詣客にもみくちゃにされるしで、
いつかゆっくりじっくり行ってみたいと思っていたんです。

初詣客も落ち着いたこの時期の京都は、道も空いていて渋滞知らず。
オフシーズンってこともあって、
日本人よりも外国人のほうが多い?くらいに感じました(^^;)

伏見稲荷と言えば千本鳥居。
前回見ることができなかったこの朱色の鳥居の下を歩くのが
今回一番の楽しみでした!!

奥の院へと続くびっしりと並んだ鳥居。
この鮮やかな朱色の空間は、日本なのにどこか異国のような感覚がありました。
 
幻想的な朱いトンネルの中をゆっくり味わいながら進みたい私とは対照的に
早くゴールにたどり着きたいのか、すたこらサッサと駆け抜けるムスメ(笑)
何度「待って~」と声を掛けたことでしょう(^^;)

鳥居と鳥居の隙間からこぼれる日差しと影、その隙間から垣間見れる常緑の木々。
その朱と緑、光のコントラストがとてもきれいでした~~。

奥の院までたどり着いた後もさらに山頂まで続いてゆく鳥居。



時間ぎりぎりまで登りましたが、戻る時間を考えて中腹あたりで断念。
いつか一周してみたい☆
 
  お稲荷様というのはやはり独特な雰囲気ですね。
より「エキゾチックな日本」を感じられる場所なのかな~と思いました。
外国人に人気なのもうなずけます。

最初の目的地であった伏見稲荷への参拝を終え、
いよいよムスメの大好物「湯豆腐」のランチへ。
こちらも前回同様、清水エリアへ移動。

順正さんでいただいたランチは、揚げ出し豆腐にゴマ豆腐、田楽に天ぷら。
そしてメインの湯豆腐と、豆腐尽くしのメニュー。
誰よりも湯豆腐ランチを楽しみにしていたムスメはお腹がぽーんとまんまるに(^^)
こんなに豆腐好きな4歳児っているんでしょうか(笑)

ランチの後は東山散策ができる自由時間。
しかし今回、散策後の集合場所も清水エリアとなったため
そんなに遠くまでは行けないパターン。残念。

ムスメもいるので清水周辺を軽く散策と言う感じになりました(^^)

和雑貨や和菓子など、「和もの」を求めて周辺のショップをウロウロ。
お店の雰囲気もいいですが、和雑貨の品ぞろえはさすがですね~~。

そこで今回お買い物したものをちらっと。



風呂敷&がまぐちのお店で見つけたリバーシブルのお弁当包み。
和柄なのにほんのり北欧的な色合いと雰囲気でツボなひと品♪

 
 
季節柄ひな人形もたくさん並んでいて、小さな立ち雛を発見。
早速玄関にこじんまりと飾っています♪


そしてこちらは近頃大人気と噂のお菓子屋さん「マールブランシュ」。







お土産用に買った濃茶のラングドシャ、
「京」の文字をモチーフにしたような?サブレ。

どちらも初めて食べましたが、美味しかったです!
ラングドシャは抹茶とホワイトチョコの組み合わせがヤバイです☆



そして「満月」の阿闍梨餅(あじゃりもち)。
もっちり系の皮の中には美味しい粒餡♪ 皮と餡のバランスが絶妙~~!!
あんこが苦手な私も後を引くくらいのおいしさでした~~。
 

この日の京都はぽかぽか陽気で、着物姿で散策を楽しむ人もたくさん。
今は舞妓姿よりも大正ロマンな雰囲気の着物姿が人気なんですね~。

 
 

 
石畳に和の風情あふれる街並み。あぁ~楽しすぎる!!

通りから奥に入った場所にあるカフェや小物屋さんもとても素敵で、
お店にたどり着くまでの細い路地や小さなお庭にすっかり魅了されてしまいました。

情緒ある街並みは歩くだけで楽しいし、
ムスメもそんな雰囲気を楽しんでいたようです☆
 
およそ5時間ほどの滞在時間でしたが、
もっともっと滞在していたかった~!

次はどの季節に行けるんだろう~~。
早くも次の京都計画を練りたい気分になっています☆
PR
福島への帰省、
今年は夫が仕事で来れないんじゃないかと思っていたので
私とムスメとで先に福島入りをしていたのですが、、、
突然『明日行くことにした!』と連絡が入り、
なんとかお盆終盤を私の実家で過ごすことができました。

なので、おでかけらしいお出かけは一日だけだった気の毒な夫(^^;)

どこか行きたい?と聞いてみると
私同様『裏磐梯』(笑)とか『自然の中の癒される場所』というので
私の両親おすすめのこんなスポットに行ってまいりました。



磐梯熱海から中ノ沢温泉に抜け、
父がお気に入りだというお饅頭屋さんに寄りながら向かったのは
『達沢不動滝』。

山道を進んだ奥にある駐車場に車を止めて
緑豊かな山道を5~6分ほど歩いていくのですが・・・



そばを流れる小川の音はすがすがしく、
表面を苔に覆われた岩や木々がなんとまぁきれいなこと!!

ムスメは小川のきーんと冷たい水に手を浸したり、
きれいな葉っぱだよ~と拾ったりしながら
すれ違う人々に元気よすぎるくらいの挨拶をしていました(笑)



とにかく涼しいし、耳に入ってくる音はやさしいし、
歩いているだけで日頃の疲れがす~っと消えていくような心地よさ。

ざ~~~っという流れる水の音が近づいてくると
滝に近づいているんだなという感じがして歩くスピードも速まるというもの☆

そして見えてきたのが達沢不動滝。一番上の画像です(^^)



岩から流れる水が何本もの白い筋をつくりだす光景~。
大河ドラマのロケ地になったというのも納得の美しさです!!

まさにマイナスイオン~~な感じに
やたらと深呼吸を繰り返しちゃいました☆

滝壺周辺は浅瀬になっているので水の中へも入れるのですが
案の定ムスメもずんずん入っていき・・・
 




ムスメはウキウキでしたが、
この水、スイカとかすぐ冷えそうなくらい冷たかったらしいです(夫談)

こんなに澄んで冷たい水が空気中を漂ってくれているわけですから、
夏に涼を求めて訪れる場所としては最高ですね♪
でも岩の上は苔などで滑りやすいのでくれぐれもご注意を(^^)

この後は中ノ沢温泉から裏磐梯に抜けておそばを食べに。
夫も福島に来たらおそばが食べたい!と思っていたようでなんとか目的達成♪

猪苗代~会津方面はおそばの産地なんでね。
新そばの季節に食べに行ってみたいものです。

そして裏磐梯は今、トンボたちが多数飛び交う季節。
指を差し出すとすっととまってくれるので、ムスメもチャレンジ。

大人と違って子供はやたら動くのでトンボも警戒しがちでしたけど(笑)
自分の指にトンボがとまるまでは帰らないわ!というムスメのために
大人たちは必死になり・・・(笑)

めでたし(^^)



『癒し』が目的だった夫とのお出かけ。
最後はやはり温泉☆
休暇村裏磐梯の『こがねの湯』でゆったりお湯に浸かってきました。

私が小学生の頃、家族で訪れた休暇村のキャンプ場。
休暇村の温泉といえばその時の古い温泉施設のイメージしかなかったのですが(笑)
いつの間にか宿泊施設も温泉も新設されていてぴかぴか♪

露天風呂は鉄分を含んだ褐色のお湯。
やっぱり温泉ってお肌がつるつるになりますね~。

内湯にはハーブ湯などもあって、気軽に立ち寄るにはちょうどいい感じの温泉でした。
風呂上りには名水百選に選ばれているという『小野川湧水』も飲めました♪
こんな風にして、心身ともに癒されたお出かけは終了。

帰宅後は兄家族と合流して、居酒屋へ(笑)
父は運転手(お酒を飲まない私の夫)がいることがこの上なく嬉しかったようで
気分良~くお酒を楽しんでいた模様。

浄化されたばかりだというのにねぇ(^^;)
 お酒でお清めの仕上げだったのかな。




お盆の間の貴重な晴れの日を選んで出かけたのは『那須』。
帰省した時には必ず訪れるといっても良いほど大好きなエリアです。

今年はムスメが小さいうちに必ず連れて行こうと決めていた『那須どうぶつ王国』へ。

実家を出発して須賀川ICより高速に乗り、
那須高原SAのスマートインターで降りるのが一番の近道。

帰省の渋滞がピークの日だったにもかかわらず、
 行きも帰りも片道1時間で行けちゃいました(^^)

那須の一番賑わうエリアからは少し離れた山の中腹にあるどうぶつ王国は
高原らしいサラッとした涼しい風が心地よくて、避暑地そのもの。

 

つい先日も牧場へ行ったばかりでしたが
どうぶつ王国ではさらにたくさんの動物とふれあえました。

餌に食らいつく『カオナシ』にも似たヒツジたちや・・・

 

威嚇しているような表情の(笑)アルパカ



ラクダなどの大物もいましたし・・・



アザラシやペンギンなどの水生動物・・・



ふわモコのウサギに



カピバラの赤ちゃん・・・



謎の鳥も腕にのせ(笑)



とにかく様々な動物たちにふれあいまくりました。

ちょうどお昼前に『ニュージーランドショー』なるものが催されてて
たくさんの羊たちを牧羊犬がまとめ上げる様子も見れて(^^)
いや~楽しかった!!

 

ランチは『アルパカの丘』そばのBOCCAで。
大人は骨付きチキンのカレー、ムスメはアルパカのカレー。


ムスメはアルパカさんを崩してしまうのがかわいそうだと
周りのカレーを食べつくしてから、ライスにいってました(^^;)
 
王国内は本当に広大で、どこを切り取っても絵になるし、
空が近くにあるように感じて草むらでごろんとしたくなる気持ち良さ~。



天気が良いと最高に楽しめる場所ですね~。
たくさん遊んで食べて4時間ほど滞在。

お腹いっぱいの状態で王国を出ましたが、、、なんということでしょう!
お腹がいっぱいということは、そのほかのカフェには寄れないということです!
しまったぁ~~(泣)

気になる石釜パンのお店やカフェのリストをつくってきたのに、
まるで寄る気になれませんでした(^^;)

ひとまず『チーズガーデン』でお土産を調達しながら
試食のチーズケーキをちびちびといただく。その程度で十分満足☆

昨年も買い求めましたが『御用邸チーズケーキ』最高ですね~~~♪♪

来るたびに新しい発見がある那須。
お店めぐりはまた来年の楽しみに取っておきたいと思います!





裏磐梯に宿泊した翌日。
午前中まではなんとか天気が持ちそうだったので
郡山までの帰り道の途中にある『石筵(いしむしろ)ふれあい牧場』へ寄り道。

遠足コースとしてもメジャーな場所ですが、
広々とした牧場内には緑の広場や水遊びができる場所など、
動物以外にも楽しみがいろいろ。

ムスメくらいの小さい子にはちょうどいい場所なんですね~(^^)




メインの動物たちは、馬や羊にウサギやモルモットなどの小動物。
小規模ながらも餌やりなどで触れ合えるので、
ムスメにとってもかなり面白い体験ができたかな~。






この馬たちの歯茎ショット(笑)
うちの母は『藤田まことだ!』と大ウケしてましたけど(^^)

ニンジンを差し出すたびにこの表情になるので
もうおかしくておかしくて!!

もっとくれ!と言わんばかりの馬と目が合った瞬間の様子(笑)
ムスメはちょっと苦笑い。




こんな食欲旺盛な馬以外にもモフモフのヒツジなど、愛らしい動物たちもいろいろいます。
↓ ↓ ちょっとキュンとするショット☆




うちのムスメが一番ハマっていたのはモルモットへの餌やり。
餌というか草か(^^)



金網越しではありましたが、小さな口でモグモグ食べてくれる姿がまぁかわいくて
草を抜いてはせっせとあげていました。

そうこうしているうちに雨がパラつきはじめ・・・
なんだかざ~っと激しく降ってきそうな空模様。

もう少し楽しみたかったけど、雨もひどくなってくるし
なぜか私だけ蚊の餌食になりつつあったので(泣)、傘を差しつつ退散~~。

でもせっかく牧場に来たんで、
ソフトクリームで仕上げておきました(笑)





顔はべちゃべちゃになってましたが『うまい!!』の笑顔☆
よかったね(^^)

つづく。
今日から仕事スタートという方も多いのでは?

今年も福島の実家へ帰省してまいりました~。
こんなに涼しいお盆はないのでは?と思うくらい肌寒かった福島。

三ヶ日とはまるで違う気温差に、持って行った服ではまるで体温調整できず、
母の服を借りたりしてちょっとダサスタイルな日もありましたけど(笑)

台風の影響で天気には恵まれなかった今年のお盆休み。
それでもお天気の日を選んで家族でのお出かけを楽しんでこれました♪

三ヶ日に帰宅した今はじっとりとした蒸し暑さに、ただただ参り気味(TT)
おんなじ日本なのに、こんなにも気候って違うものなのね。
ぐったりモードなお盆明けですが、福島の帰省レポをちょっとずつ綴っていこうと思いま~す。


第一弾は『裏磐梯ホテル』編。



実を言うと、この宿を予約したのは『楽天スーパーセール』(笑)
ちょうど福島に帰るかな~という日程で
一泊4000円という超お得なプランが出ていたので、えいっと予約。

朝夕の食事を追加しても、お盆時期にひとり1万円くらいで泊まれるなら
かなりお得でしょう(^^)

もともとは『裏磐梯猫魔ホテル』だったこちらのホテル。
実家からも日帰りの距離なんで宿泊したこともなかったのですが、、、

いつの間にか 星野リゾートとして生まれ変わってたんですね。
磐梯山の雄大な姿が迫り、露天風呂からは檜原湖が望め、立地は文句なし!

 

そうはいっても既存のホテルがベースだし、低価格なプランなので
正直お部屋までは期待していなかったんだけど、、、
 
和室のお部屋そのものは普通ながら清潔感があり、
洗面所やお風呂などの水回りはかなりのゆったりサイズ。

部屋は2階だったので湖までは望めなかったけれど、
窓の外の緑の景色は爽やかな高原そのもの~。

チェックイン時の『ウェルカムかき氷』に始まり、
子供用のかわいい浴衣(110サイズ~)や花火のサービスなど
スタッフの対応も細やかでなかなか良い印象を受けました。

ムスメは畳に並べられたお布団が相当嬉しかったらしく、
ずーっと転がりっぱなし。こういうの楽しいんですねー、子供って(^^)
 
朝夕の食事はバイキング。
種類も豊富で凝った感じのメニューが多く、東北のご当地グルメも。
秋田のきりたんぽや山形の芋煮、盛岡冷麺などが並んでました。

私は ↓↓このやわらかい牛タンがお気に入りで、数回おかわりを(笑)

 

常に作りたてを提供してくれるし、全体的に味も良く、
一緒に宿泊した両親も満足していたようでした(^^)
 
もみじに囲まれた露天風呂も風情があって良かったですよ~。
今はまだ青々してますけど、紅葉の時期はキレイでしょうね~。
お肌もつるつる、檜原湖も見えて旅気分に浸れます。

けれど、なんといっても磐梯山です!!(笑)
 



お風呂に入った後、両親と夕涼みしながら眺めた磐梯山。
しかも見えるのは私の好きな『裏側』!
ちょっと荒々しい山肌が何ともかっこよく、夕日に照らされると一層素敵☆

なんだかんだ毎年帰省するたびに訪れている磐梯高原ですが、
私にとっては帰ってきたな~と感じる一番の景色なのかもしれないですね。

(と、毎年語っている気がしてなりません 笑)
 
 
 
ちなみに翌朝、檜原湖でこんなボートにも乗りまして・・・


湖から見る磐梯山もまたいいものでした☆



HOME | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
プロフィール
HN:
かもめ
年齢:
41
性別:
女性
誕生日:
1975/11/12
趣味:
写真 海 手づくり
自己紹介:
浜松市北区在住。
小さな平屋で
子育てを楽しんでいます。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 23 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/27 Mina]
[04/12 かもめ]
[04/11 ムー]
[03/05 kamome]
[02/28 まりや]
[11/27 かもめ]
[11/23 まいこ]
[11/19 ふみこ]
[11/19 かもめ]
[11/19 ふみこ]
カウンター
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]