KAMOME GOYOMI 北海道旅行~余市編 忍者ブログ
かもめごよみ
Admin / Write
『青の洞窟クルーズ』後、小樽からは車で30分ほどの余市(よいち)町へ。
余市へ行く目的といえば、やっぱりここでしょう(^^)

♪ 麦は泣き~ 麦は咲き~・・・ ♪

と中島みゆきの歌を口ずさみたくなりますが~。

ニッカウヰスキーの余市蒸溜所。
朝ドラ見てましたからねー、『マッサン』。
ここは北海道に行ったら訪れてみたい場所のひとつでした。

無料で見学ができるこちらの施設。石造りの建物に赤い屋根。
ホンモノだ~~~♡(^^)





 

ドラマにも登場した、あのポットスチル!!
マッサンがコンコンとたたいていましたよね。

 

本場スコットランドの蒸溜法で国産ウイスキーが誕生した歴史。
ウイスキーそのものはハイボールくらいしか馴染みがない私ですが、
ドラマで観た苦難の道のりを思うと感慨深いものがあります(^^)

こちらはウイスキー博物館。
ニッカウヰスキーの歴史がいろいろと展示されていました。

 

 

試飲ができるコーナーもあるので、ウイスキーが飲める方は楽しめると思いますよ☆

敷地内には、マッサンの家が復元されたものがあったりしまして、、、
どこか日本ではないような景色が広がっていました~。
素敵ですね☆
 


 

ウイスキーづくりの地を求めて
最もスコットランドに近い気候の余市にたどり着いたというマッサン。

厳しい北の地での成功は
ウイスキーづくりへの強い強い情熱があったからこそなんですよね。
本物にこだわるブレない精神は本当に男前(^^)

そのマッサンを支えたリタさんのようには・・・
私はなれないでしょうねぇ(笑)

我が家の夫もいつか訪れてみたいと話していた蒸溜所。
もう少し歳をとった頃に夫と旅してみたいものです。

ウイスキーの歴史とマッサンの夫婦愛で心が満たされ、
ついでにお腹のほうも満たされたい時間帯になってきたので(笑)
蒸留所の近くにある食堂へと向かいました。

この日のランチは『柿崎商店』で。
1階が鮮魚などを売るお店になっていて、食堂はその2階にあります。



ここに来たら絶対に食べようと思っていたのが『ホッケ定食』☆
4人とも同じメニューでオーダー。



30センチ以上はあったんじゃないかしら!?
大きな焼きホッケ~~♪



脂ものっているし、骨の近くのカリカリに焼けた部分が美味しくて、
わしわしと食しました。最高~☆

こんなに大きなサイズなのにホッケ定食は750円。
大根おろしをつけなければ700円☆

おなかいっぱいで、午後の運転が眠くなりそうな予感。
さ~て、この後は少し南下してニセコ方面へ。


・・・つづく。
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 566  565  564  563  562  561  560  559  558  557  556 
プロフィール
HN:
かもめ
年齢:
41
性別:
女性
誕生日:
1975/11/12
趣味:
写真 海 手づくり
自己紹介:
浜松市北区在住。
小さな平屋で
子育てを楽しんでいます。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/18 はーふむーん]
[08/16 かもめ]
[08/08 ちゃー]
[07/28 かもめ]
[07/26 はーふむーん]
[05/30 かもめ]
[05/27 Mina]
[04/12 かもめ]
[04/11 ムー]
[03/05 kamome]
カウンター
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]