KAMOME GOYOMI 直虎から直政へ 忍者ブログ
かもめごよみ
Admin / Write
昨日は十五夜でしたね(^^)
我が家でも十五夜は欠かせない行事となっているので
すすき・団子などをお供えして秋の月夜を楽しみました!
月が見えたのはわずかな時間でしたけどね、きれいなお月様でした☆

朝晩はずいぶん肌寒くなって、すっかり秋の気配。
おかげで読書も進んでいます!

読んでいますよ~、司馬遼太郎の『関ヶ原』(笑)
上巻を読み終えたくらいですが。

大河ドラマも井伊直政が登場して、いよいよ完結編へと向かうところにきて、
ちょうどいいタイミングでこんな展示をやっていたので
じじばばも一緒に静岡市までおでかけしてきました。

静岡県立美術館で開催中の『直虎から直政へ』。



この展示、まさに見ておきたかったものが盛りだくさん!!

井伊家、今川家、龍潭寺の僧や
徳川四天王にまつわる古文書、刀剣、武具、絵画などがずらりと展示されていまして。

直虎の花押が入った書状、直親が使っていたとされている『青葉の笛』、
直政の『赤備え』と呼ばれる具足などなど、興奮せずにはいられない展示品ばかり!!

ムスメそっちのけで夢中で見入っていました(笑)

直政の具足!兜についた80センチはある金の脇立(飾り)の美しさったら!!(^^)
細部まで丁寧に紐で編まれた甲冑はまさに美術品☆

ドラマの直政は、この『赤備え』を身に付けた姿になるまで描かれるのかどうか!?
それもちょっと楽しみです。

 

関ヶ原の合戦が描かれた大きな屏風は、旗印を掲げた武士たちで埋め尽くされていて、
映画『関ヶ原』の光景が浮かび、これまたぞわっと鳥肌モノ。

展示品の中でも私がしばらくその前から離れられずにいたのが、
関ヶ原の合戦で用いられたという巨大な井伊家の『旗印』。

図集の表紙にもなっていますが、
鮮やかでいて深みのある朱色に染められた生地に黄金の『井桁』が入った旗は、
畳3畳ぐらいはあるんじゃないかってくらいのサイズ。

朱赤の力強さ。金の井桁。
圧倒的な存在感です。井伊家すごいぞ~!!

この旗印が関ヶ原の戦場をはためいていたのかと想像したら・・・
なんともいえない高揚感に襲われました(笑)

具足を身に付けるだけでもだけでも相当な重量でしょうに、
この旗を持っていた人は相当な重さだったでしょうね。

うぅ~~かっこいいぜ~~~☆

 

静岡での展示はもう間もなく終わりです。
静岡の後は、井伊家が根付いた彦根へと移るようです。

静岡の美術館は、次の3連休が最後のにぎわいになるんじゃないかな?(^^)

今年は龍潭寺の初詣、彦根城下での食い倒れツアーでスタートした1年でしたが、
なんだか最後のしめくくりにもう一度彦根に行きたい気分(^^;)
 
今年は滋賀県が気になって仕方ない私です(笑)
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 577  576  575  574  573  572  571  570  569  568  567 
プロフィール
HN:
かもめ
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1975/11/12
趣味:
写真 海 手づくり
自己紹介:
浜松市北区在住。
小さな平屋で
子育てを楽しんでいます。
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/28 かもめ]
[05/26 ちゃー]
[04/25 かもめ]
[04/20 monami]
[03/24 かもめ]
[03/20 ちゃー]
[03/01 かもめ]
[02/28 ちゃー]
[12/12 かもめ]
[11/27 ちゃー]
カウンター
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]