KAMOME GOYOMI 家ごはんとおやつ 忍者ブログ
かもめごよみ
Admin / Write
今日は義母の誕生日。
ささやかなお祝いにと、ケーキ代わりのひんやりスイーツを作ってみました^^



実家の母がよく作っていたヨーグルトのムース(?)のレシピを元に
ブルーベリーソースを加えたもの。

*********************************************************************************

○ ヨーグルト   500g
○ 生クリーム  200cc
☆ 牛乳       300cc
☆ さとう      100g
☆ 粉ゼラチン   15g

☆の材料を鍋に入れ、沸騰直前まで火にかけてよく溶かし冷ましておく。
生クリームはヨーグルトのゆるさぐらいにホイップ(めんどくさいときはホイップなしでOK)
ヨーグルトと生クリーム、☆を混ぜて型に流す。

※ソースはお好みで。
今回はブルーベリージャムに水を加えてゆるくしたものに生ブルーベリーをあえただけ。

*********************************************************************************

ブルーベリーは浜松の都田産。

都田はブルベリー栽培が盛んな地域ってことで
ひそかにブルーベリー狩りに行きたいと思っていたんですが、、今回は運よくスーパーでGET☆
うすはりグラスに流して涼しげに仕上げてみました~。

爽やかなブルーベリーの香り、まさに旬な感じです^^

旬といえばそら豆も。。。

義母の家庭菜園ではそら豆がまさに収穫の時期。
ごっそりと収穫したそら豆をどう調理するかな~と悩むのですが、
うちではやはりそら豆ポタージュが定番。(大量消費したいときは特に・・・^^;)

f5c6d688.jpg

レジ袋がパンパンになるくらいの量のそら豆は
さやから出しても中ぐらいのボウル一杯分にはなります。

茹でてうす皮を取り除いたそら豆にじゃがいもも少し足してマッシュ状に。
豆乳とブイヨンでのばして塩少々ってな具合です。

淡いグリーンの色合いがいかにもそら豆な感じ^^

マッシュしたそら豆はムスメの離乳食にもたびたび登場させていて
おかゆに混ぜたり、つぶしたじゃがいもや豆腐に混ぜたり。

旬のものを取り入れながらの離乳食。
何でも美味しく食べられる子になるといいけれど^^

大人たちがヨーグルトムースを食べている間、
私も欲しいわって顔でじ~っとみていたムスメ。

明日の離乳食の時にでもブルーベリーを何粒か食べさせてみようかな^^
PR
先日、友人が新居に遊びに来てくれました☆

女子がやってくるとなれば
スイーツがなくちゃ始まらない!ってことで・・・つくりました、レモンのシフォンケーキ^^



三ヶ日はミカンの産地だけあって柑橘系は強いんでしょうかねー。
マーケットにも三ヶ日産のレモンが並んでいるんですけど
ひと袋に4個くらい入って100円!!

見つけるたびに買ってしまうので
魚料理やサラダなど、かもめ家の食卓にはかなりの頻度で登場しているレモン(笑)
シフォンケーキにもまるまる1個分のレモン果汁を入れました。

最近は男子のお客様ばかりだったけれど、やっぱり女子のお客様はいいですね~~。
スイーツとおしゃべりだけでものすごいストレス発散になるんですから^^

お客様、私はいつでも大歓迎なんだけど(部屋も必然的に片付くし 笑)
肝心のナズナはどうやら人見知りが始まったようで、初めて会う人にはかなりの確立で大泣き。

ショッピングモールなんかで
店員さんや見知らぬおばちゃんとかが近づいてくると、たちまち『わ~~ん!!』てな状態。

友人が遊びに来てくれた際も、側にいる分には超ご機嫌。
なのに、抱っことなるとこれがなかなか難しかった!!

抱っこされてしばらくは大丈夫。
でも・・・友人の顔をチラッとみて・・・『わ~~ん!!』の繰り返しになってしまいました(笑)
友人も『リベンジ!リベンジ』と何度も頑張ってくれたんだけどね^^;

泣かれ強い方ならいつでも大歓迎~(笑)
きのう4月2日は夫の誕生日。

久しぶりにケーキでも作ろっかな~~なんて思って
イチゴたっぷりのロールケーキ作りました^^



イチゴは家から車で15分くらいのところにあるイチゴ農園で調達。
早い時間に行かないとなくなってしまうという
不揃いだけどたっぷり入ったお徳用のパックをでゲットしてきました!

シフォンベースの生地に生クリームが少なくてすむようにイチゴを多目に入れて。
乳腺詰まるのが怖くて敬遠していた生クリームですが誕生日だけは解禁!!

詰まった時はマッサージに行けばいいやと、誘惑に負けておいしくいただきました(笑)

豊橋まで行っていた母乳マッサージは通うのが大変になったので
今は三ヶ日の助産院にお世話になっています。

実は先日もおはぎを食べて乳腺が詰まり(笑)地元の産婦人科に相談したところ
家からも近いということで紹介してもらった助産院。

ここの先生は年代が近いせいか相談もしやすく、
「ウチも桶谷式だけど、笑顔で子育てしてもらうことが一番だから私はけっこうゆるいのよ~」と
気負わなくていいのがとてもいい感じで。
子供の体重の増え方もきっちり見てくれるので安心。

どうやら私は乳腺が細くて詰まりやすいみたいで
先生は「授乳している間は甘いものはダメよ~」と言いつつも
「でも私も誘惑に負けてよく詰まらせたから強くは言えないけどね~(笑)」と^^

困った時にすぐ受診できる助産院が見つかったので
今は生クリームも怖くない!!
な~んて調子に乗ってはいけないけど(笑)

やっぱり家族で食べるケーキは美味しかった~~!^^
30代最後の誕生日。いよいよ来年は40代突入。
どうりで夫の写真写りがオッサンになってきたわけだ(笑)^^;

何はともあれ、、、おめでとう~~♪

三ヶ日は今、菜の花満開!
天気のいい日を選んで、家族で菜の花を摘んできました^^

夫の両親とナズナを車に乗せて向かった近くの菜の花畑は、自由に摘みとりOKな場所。
ナズナを抱っこヒモにひょいとのせて、黄色い畑の中をゆっくり歩きながら
菜の花を触らせたり香りをかがせたり。

小さな手を「ん~~」と伸ばして菜の花をつかもうとする仕草には
私も両親も癒されっぱなしでした~^^



袋いっぱいに摘んだ菜の花。
花の開いたものは「飾る」用。開いていないものは「食べる」用。

飾り用は白い花瓶にふわっと挿して。
菜の花があるだけでずいぶん春らしいお部屋になりますね^^

大量に摘んだ「食べる用」は、おひたし・スープ・炒めものなど様々なお料理に。

中でもお気に入りは
刻んだ菜の花と桜えびをオリーブ油で炒めて、だし醤油で味付けしたもの。
ご飯にのっけてモリモリ食べてます(笑)

b6c80ffc.jpg

a80ae404.jpg

そして久しぶりにパスタも^^

定番な感じですが・・・菜の花+アンチョビ+しいたけのペペロンチーノ。
仕上げにカリカリパン粉をのっけていたらもっと美味しかったかな~~(^^;

明日は夫と確定申告やらなくちゃいけないので(笑)
お昼ごはんにリベンジだ!!

昨日は家族集まって、ナズナの初節句をお祝い☆
義弟夫婦が遊びに来てくれました~^^

ひなまつりのおもてなし料理、準備する時間も限られているので
旬のものを取り入れたスタンダードなものにしてみました。



メニューは

(かもめ作)
■ 五目ちらし
■ 海老とグリーンピースの揚げ春巻き
■ 菜の花のおひたし
■ お刺身

(義母作)
■ 蛤のお吸い物
■ サラダ等


キッチンが二つあるので、
普段の食事(夕食のみ義両親と一緒)もそれぞれに作って持ち寄りというカタチにしているかもめ家。
今回も義母と手分けして準備をしました!

このひなまつり、初節句のお祝い以外にも大切なイベントがあって・・・
それはナズナの「お食い初め」。

一般的には生後100日頃に行う行事だけれど
ちょうどそのタイミングは家の改修工事やら引越し準備やらでバタバタ状態だったので
ずっと伸ばし伸ばしに(^^;

かなり遅くなったけれど(苦笑)
家族が集まれるいい機会だったので初節句と同時にやっちゃいました☆

1aafdb44.jpg

ひなまつりメニューな上に、
よく見たら「一汁三菜」でなく「二菜」になってるし(笑)あはは。
ちっちゃなことは気にしない~~☆(^^;

みんなにあやしてもらえて
手足をパタパタしたりキャッキャと声を出したりと、と~ってもご機嫌だったナズナ。

逆に夜はぐずぐずで寝つきも悪く大変だったけど(笑)
とても賑やかなお節句になって大満足~~な一日でした^^

HOME | 1  2  3  4  5  6  7  8  9 
プロフィール
HN:
かもめ
年齢:
42
性別:
女性
誕生日:
1975/11/12
趣味:
写真 海 手づくり
自己紹介:
浜松市北区在住。
小さな平屋で
子育てを楽しんでいます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/31 シャネル腕時計]
[10/30 腕時計 コピー]
[10/22 ルイヴィトン時計]
[10/19 ブラダ偽物]
[10/15 ベルメゾンネット]
[08/24 かもめ]
[08/18 はーふむーん]
[08/16 かもめ]
[08/08 ちゃー]
[07/28 かもめ]
カウンター
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]